三和機材(株)
技術・製品カタログ2001/6

ライン

オーガー方式一工程式/泥土圧方式一工程式推進工法
ENVILINER  エンビライナー
SH−253−4 グラデーション

 小口径推進工事は立坑の小型化、推進長の延伸、適応土質の拡大など、多様な施工要請があります。これらのニーズにお応えすべく、ホリゾンガー工法およびエンビライナー工法で培った長年の技術を結集して開発したφ1500立坑用の最新鋭機です。

ライン



【特長】区切り線


調 整 機 構 を 搭 載

●粘性土の施工能率が向上

●継足し作業時間の短縮

クラス最大のパワー オーガ出力トルク  4.2kN-m
オーガ回転速度   7〜25rpm
推進シリンダ押力  294kN
サイクルタイムの縮減 調整機構により、粘性土の施工能率が向上、また継足し時間の短縮が図れます。
泥土圧対応 新型ピンチ弁を装着すれば滞水地盤への対応も可能です。
適応管種 推進管は日本下水道協会企規格(JSWASK-6)で定める塩ビ管、管径φ200〜300の1m管に適応可能です。
確かな計測による
高精度到達
先導管の位置計測にはポジションセンサ方式を採用。専用のレーザ発光器により高精度の推進が可能です。



写真1
写真2 写真3 写真4
写真5



【機械仕様】区切り線

項目 仕様 備考
寸法 本体全体寸法 1372×992×2081(mm)
全長はガイドフレーム継ぎ足し部材(立坑により変更)により変化します。
(全長×全幅×全高)
フロントジャッキ付
全長:1277,1332,1372の3種類
本体質量 約1.0Ton  






形式 油圧モータ  
出力回転速度 7〜25rpm
(無段階変速)
 
出力トルク MAX.4.2kN・m
(430Kgf−m)
 







推進
シリンダ

押力(通常時) 147.0kN(15tf) 低速時
押力(解除時) 294.0kN(30tf)
引力 137.2kN(14tf)
シリンダストローク 430mm 3回切替
切替ストローク 405mm
(205、260または300)
切替え3回目寸法は立坑種類により変化

低速(押/引) 270/590mm/min (50Hz時)
高速(押/引) 765/1675mm/min
推進ホルダ移動量 1135mm
(1095mm)
(1040mm)
※推進管1m+接続スペース
※立坑種類により変化
調


押力 39.2kN(4tf)  
シリンダストローク 65mm  




押力 16.7kN(1.7tf)  
シリンダストローク 750mm  
減速機昇降量 710mm  
昇降速度 約400mm/min  
適用埋設管 ・硬質塩化ビニール管
 (LIBカラー付直管)
  (SUSカラー付直管)
   (スパイラル継手付直管)
   ・呼び径
    φ200〜φ300×1000mm
・長さは、継足し有効長さ。
・立坑種類により管材に制限があります。

SH−253−4

区切り線

トップページへ トップページへ戻る