推進機サービスレター


No.005(平成14年07月12日発信)

推進機点検整備についてのお願い

 この暑い夏が過ぎますと推進工事が本格的に始まりますがこれに備えて機械装置の 点検整備を早めに実施するようお願いします。
 例年、工事最盛期になると工事途中で修理依頼が多く寄せられますがこれらの原因の 多くは事前の整備が実施されていなかったことに起因しています。 最近の機種は計測計器類も精密化しておりますので定期的な点検整備が必要となっております。
 特に先導管については使用環境が厳しい事から5年以上経過すると使用部品の経時劣化も進み通常の消耗部品のほかに各部品に次のような外観では見えにくい問題が発生します。
 半導体部品・絶縁部品の劣化 ポジションセンサー、傾斜計、電磁弁ソレノイド部  精密機械部品の磨耗変形劣化 傾斜計(センサー部)電磁弁油圧部  接続・切り離し部品の磨耗劣化 先導管内配線、ケーブルコネクター、油圧ホースカプラー、ケーブル、ホースの折り曲げはさみこみの繰り返しによる劣化磨耗の進行 推進途中での先導管のトラブルについては大きな損害が発生しますので事前に整備点検をお勧めします。

<お問合せ先>
三和機材株式会社 カスタマサポート部
TEL(0476)36-2232(代) FAX(0476)36-2245